寒い冬に最高!誰でも簡単”ホットワイン”の作り方

寒い冬に最高!誰でも簡単”ホットワイン”の作り方

ホットワインとは?


ホットワインは、体に良い健康的なお酒として、日本でも女性を中心に注目されるようになってきています。文字通り温めて飲むワインのことで、中世の西ヨーロッパで誕生した飲み方だと伝わっています。

もともとは、ワインをそのまま温めて飲んでいたようですが、苦味が強くて飲みづらかったので、酒屋の店主がスパイスを加えて飲むスタイルを思いついたのだとか。今では、ヨーロッパだけでなく、カナダやブラジルなどでも楽しまれています。

ちなみに、「ホットワイン」という呼び名は日本で生まれた和製英語なので、外国ではほとんど通じません。イギリスでは「モルド・ワイン」、ドイツやオーストリアでは「グリューワイン」、フランスやイタリアでは「ヴァン・ショー」など、各国や地域によって様々な名称で呼ばれています。

中でも特に有名なのが、本場ドイツのグリューワインです。ドイツでは11月中旬頃から、街のいたるところでクリスマスマーケットが開かれます。

寒空の下、マーケットを見て回るのには、体の芯からあたたまるグリューワインが欠かせません。

赤ワインをベースに、スパイスやフルーツ、砂糖か蜂蜜を加えて温めるのが基本レシピです。

風邪や風邪予防にgood!

「冷えは万病のもと」と昔からよく言われますよね、風邪の予防に欠かせないのが、免疫力です。女性は特に冷え性の人が多いですが、体の冷えで基礎体温が低下すると、免疫力も低下すると言われています。ホットワインで体を温めて、免疫力の低下を防ぐことが期待できます。

そして、赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。ホットワインの甘みと香りづけに使われる蜂蜜には、殺菌作用や抗炎症作用があります。さらに、漢方薬としてもよく使われるシナモン(桂皮)は、ビタミンBが多く含まれています。これらを組み合わせることで、風邪予防や風邪の引きはじめの症状にも効果的と言われています。

注意点

ホットワインは、温めてもアルコールが全部飛んでしまうわけではありません。子供や妊婦、運転する人はもちろんNGです。

また、体に良いからと言って飲み過ぎたり、風邪薬を服用している時に飲んだりするのは危険なので、くれぐれも注意してくださいね。

ワインで太る原因についてはこちらで詳しく解説しています。

決め手はスパイス!ホットワインの簡単作り方


ホットワインのベースになるのは、基本的に赤ワインです。お好みの赤ワインを使ってください。開栓後、飲みきれずに残っていたワインでもOK。

【材料】
・赤ワイン 375ml
・蜂蜜 大さじ1/2
・レモン 1/3個
・シナモンスティック 1本
・クローブ(ホール) 4粒

【作り方】
全ての材料を鍋に入れて、中火にかけます。沸騰する直前に火を止めて、茶こしなどでクローブを取り除いて、耐熱カップに注ぎます。

お好みで、りんごやオレンジなど他のフルーツや、ブラックペッパー、生姜、オレンジマーマレードなどを加えても美味しくいただけます。

ホットワイン用ワインを通販で購入しよう!


ホットワインは、基本のレシピをお好みでアレンジできるのも魅力のひとつ。季節のフレッシュフルーツの他、ドライフルーツやジャムなどを使うと、さらに手軽に楽しめます。
いろいろなスパイスを入れることで相乗効果も期待できますし、薬草酒のような感覚で飲めそうですね。

ホットワインを作るのに使うワインは、高級なワインでなくても普段の家飲みワインで十分です。私は、思い立ったらいつでも作れるように、ワイン通販でセール期間にまとめ買いしてストックしています。

もし、セットで注文したワインの中に、味のイメージが自分の好みと違うものがあった時には、ホットワイン用に使うのがおすすめです。

心身の健康と美容に、ぜひホットワインを上手に取り入れてみてくださいね。

ワインアレンジカテゴリの最新記事