「高い服にシミが!泣」赤ワインの簡単な染み抜き・洗濯方法

「高い服にシミが!泣」赤ワインの簡単な染み抜き・洗濯方法

赤ワインの染み抜きができる服の種類


食事中に赤ワインがこぼれて服を汚してしまった経験がある人、多いのではないでしょうか? 一度シミができてしまうと、落ちないんじゃないかと気になりますよね。でも、服の素材と工夫しだいで、家庭でも赤ワインの染み抜きができるんです。

もちろん、いくら家庭でも染み抜きができると言っても、どんな服でもOKというわけにはいきません。服の材質によっては、残念ながら家庭では落とすのが難しいものもあります。

まずは、服についているタグを見て、洗濯表示に書かれている情報をチェックしてみましょう。

そもそも、赤ワインの染み抜きができる服は、水洗いができる素材の服、つまり洗濯機または手洗いがOKな服だけです。
水洗い不可の服は、水で濡らすと縮んでしまったり、変質して固くなったり、傷んでしまう恐れがあるので、染み抜きすることはできません。

白いYシャツやブラウスなどは、赤ワインのシミができた時は絶望的な気持ちになりがちですが、意外とキレイに落ちますよ。これは、綿やポリエステルなど、比較的丈夫な素材が使われているためです。

赤ワインを飲む可能性があるとわかっている日は、最初から水洗いできない素材の服は避けて選ぶのが無難かもしれませんね。

赤ワインの染み抜き方法


赤ワインがこぼれた時の染み抜きは、とにかくスピードが重要なポイントになります。

後回しにせず、できるだけ早く対処しましょう。また、手洗いをするだけでは色が残ってしまうことがあります。赤ワインのシミの正体は、赤ワインの原料となる黒ブドウに豊富に含まれているポリフェノールの一種「アントシアニン」です。かなり濃い赤色なので、台所用洗剤と漂白剤の両方があると安心ですね。

自宅でワインを飲んでいる時には、すぐにシミができた部分を水で軽く濡らして、服を裏返してタオルを当てます。シミの部分にキッチンの食器用中性洗剤を原液のままかけて、シミの部分を揉んで洗剤をよく馴染ませるようにしてください。

裏側から手で叩いてタオルにシミを移していきます。焦って布地をこするとシミが広がってしまうので、要注意です。ポンポンと軽やかに叩くようにしましょう。
また、食器用中性洗剤の代わりに重曹を使う方法もあります。重曹は炭酸水素ナトリウムのことです。

最近、キッチン周りのお掃除にも使う人が増えてきている重曹ですが、実はワインのシミは酸性の成分なので、重曹の粉末を振りかけて、ぬるま湯で湿らせてトントンと叩くのも効果的なんですよ。

また、レストランなど自宅以外の外出先でこぼしてしまった場合は、ハンカチやおしぼり、そして手元に洗剤や重曹はないと思いますので、果汁や甘みの入っていないプレーンな炭酸水を使いましょう。

炭酸水に含まれている二酸化炭素には、汚れを浮かせる性質があるので、応急的な染み抜きに役立ちますよ。帰宅したら、すぐに先ほどお伝えした方法で、丁寧に染み抜きしてください。

デリケートな服やシミが落ちない場合


お気に入りの服や薄手の素材のものなど、デリケートな衣類は特に丁寧に根気よく作業する必要があります。
手だけでゴシゴシこするよりも、歯ブラシや綿棒などを使ってトントンと細かく叩く方が、服を傷めずに済むので覚えておいてくださいね。

シミが落ちにくい時は、水ですすいだ後に酸素系の漂白剤をかけて、洗剤を一度すすいでから、今度は漂白剤を原液のままシミに塗り込みましょう。
最後に、服のタグに書かれている洗濯表示の内容に合った設定で、洗濯機で洗ったら作業完了。ここまですれば、たいていの赤ワインのシミは綺麗に落ちるはずです。

家庭での洗濯ができない素材の場合は、自己流で何とかしようとせず、できるだけ早めにクリーニング専門店に相談するようにしましょう。

それから、家庭で洗濯できる素材であっても、漂白剤の選び方には注意が必要になってきます。白い服には塩素系漂白剤、色・柄のある服には酸素系漂白剤を選ぶのが基本です。

お気に入りの服を台無しにしてしまわないためにも、くれぐれも間違えないようにしましょう。

まとめ

赤ワインをこぼしてできた染み抜きは、とにかくスピード勝負です。
赤ワインのシミは酸化しやすいので、時間が経てば経つほど布の繊維と絡まり、頑固な汚れになって残ってしまいます。
中途半端に染みが残った服は、黄ばんで不潔な印象に見えてしまいます。

私は、赤ワインを飲むのがわかっている時には、もしシミが落ちなくてダメになっても諦めがつく服か、色の濃い服を選ぶことが多いです。
お気に入りの高い服が台無しにならないよう、気を付けましょうね。

開封後のワインの最適な保存方法はこちらで解説しています。

ワインの知識カテゴリの最新記事