ワインセラーが無くてもできる♪家庭でのワイン保存方法

ワインセラーが無くてもできる♪家庭でのワイン保存方法

ワインにとって良い6つの環境


ワインはデリケートなお酒なので、家庭での保管には特に注意が必要です。気を付けないと、せっかくの美味しいワインが台無しになってしまうこともあります。今回は、自宅にワインセラーが無くてもできる、ワインの劣化を最小限に抑える保存方法をお伝えします。

①温度

ワインは高温に弱く、極端に低温にするのも向いていません。また、温度変化にも弱く、劣化の原因となるため、一定の温度にしておくことが重要です。

ワインの保管に最適な温度は13~15度と言われています。高温になる場所や低温すぎる場所を避けて、涼しい場所で保管しましょう。

②湿度

ワインは乾燥した場所を嫌います。冬場にエアコンの使用などで湿度が低くなると、コルクが乾燥して縮むので、隙間からボトルの中に酸素や微生物が侵入しやすくなります。

逆に梅雨時など湿度が高すぎると、カビが生えてしまいます。保管に理想的な湿度は65~80%です。

③空気

ワインのボトルを立てたままにして長い時間置いておくと、コルク栓が乾燥して収縮してしまいます。

縮んでできた隙間から空気が入ると、酸化が進んで劣化が早まります。ワインのボトルは、必ず立てずに横に寝かして保存して下さいね。

④光

ワインは光(紫外線)が当たることで劣化します。濃い青や緑、茶色、黒など遮光性のある色のボトルが多く使われているのはこのためです。

日光はワインを変質させるだけでなく、日光臭という不快な臭いを発生させる可能性もあります。直射日光を避けるのはもちろん、蛍光灯など室内の照明にも気を付けましょう。

⑤振動

ワインは瓶詰めして出荷された後も、瓶内で静かに熟成が続いています。振動によって化学変化が起こると、それが変質の原因となってしまいます。

振動の少ない部屋を選んで保管しましょう。また、冷蔵庫で保管する場合は、できるだけ開け閉めが多い場所を避けてください。

⑥匂い

ワインの魅力を堪能するには、香りがとても重要な役割を果たしています。繊細な香りを台無しにしないために、臭い移りには細心の注意を払いましょう。

クローゼットの中の防虫剤や、冷蔵庫内の臭いの強い食品などが原因となって、コルクからワインに臭いが移ってしまいます。臭いの強いものをワインに近づけないように気を付けましょう。

家庭で出来る未開封ワインの保存方法と保存期間


ワインは、瓶詰めして出荷された後でも熟成が続く、「生きたお酒」です。

熟成のポテンシャルが高いワインの場合、飲み頃が数年~10年以上先という場合もあります。必ずしも買った時が飲み頃とは限りません。逆に、手頃な価格帯のデイリーワインであれば、買ってすぐに飲むのがベストだと考えてOKです。

例えば、フレッシュさを味わうのが醍醐味のボージョレ・ヌーヴォーの場合は、買ってすぐ~1年以内が目安となります。それ以外の、熟成タイプではない一般的な赤ワインは、2年~3年以内、白ワインの場合は1年~2年以内が飲み頃の目安です。

スパークリングワインはもともと長期保存を目的に造られていないので、買ったらなるべく早めに飲んでください。長く置いておくとガスが抜けてしまったり、コルク部分が傷んできて酸化が進んだりするので、1年程度を目安に飲むのがおすすめです。

保存場所は季節で変える

ワインの保存には、温度や湿度などの環境条件が重要です。そのため、季節によって保存場所を変える必要があります。

初夏から初秋にかけては、常温での長期保存は避けましょう。昼と夜との気温の変化が激しく、30℃以上の気温になる日も続くので、室温での保存には向きません。冷蔵庫は温度・湿度ともに低すぎるので決して最適ではありませんが、冷え方が控えめな野菜室での保管がベターです。

冬場は、室内で寒すぎず暖房が効いていない場所を選んで保存しましょう。ただ、住んでいる地域の気候によっては、室温が冷蔵庫内よりも低くなる場合があるので、その場合は夏場と同じように野菜室で保存してください。

なるべくワインクーラーが吉

ワインの保存に最適な方法は、やはりワインセラーでの保存です。

大きくて立派なセラーは高額で場所も取りますが、簡易な小型ワインクーラーなら1万円台からあります。

また、スリムで場所を取らないものなら3万円~5万円くらいでも見つかります。

自宅でもワインをベストな状態で保管するには、購入を検討してみても良いですね。

家庭で出来る開栓後ワインの保存方法と保存期間


ワインは開栓後、時間が経つにつれて空気中の酸素に触れて、ゆっくりと酸化が進みます。

ワインの風味が劣化するのを遅らせる方法は、“なるべく空気に触れさせないこと”がポイントです。

手軽にできる乾燥を防ぐ方法は、抜栓したコルクをさし直して密閉することです。2~3日なら風味を損なわずに飲むことができます。さらに、抜栓したコルクにラップを巻きつけてから栓をすると、空気が通りにくくなるのでぜひ試してみてくださいね。コルクがうまく再利用できない時などは、市販の密閉用の栓を使いましょう。

美味しく飲める期間は、スパークリングワインや軽めの白ワインなら、1~2日程度が目安です。コクのある白ワインの場合は、2~3日程度。赤ワインだと、4~5日程度が目安となります。

空いた小さな容器に移し替える

また、ワインをあらかじめ小さなビンに移し替えるのもおすすめの方法です。

注ぎ口ギリギリまでワインを注いで、できるだけ空気に触れさせないようにして保存するのがポイント。

空気の量や接触面が、もともとのワインボトルよりも少なくなるので、風味の劣化が抑えられますよ。

ワインの保存グッズ3選

ワインはいったん開栓すると、ワインが空気に触れる状態となって、酸化が急速に進みます。

できる限り早く飲みきるのがベストですが、余ってしまうこともありますよね。

そんな時には、ワインの保存グッズを活用しましょう。ボトル内を真空状態にして、ワインの酸化を抑えてくれる「真空ポンプ」や「ワインストッパー」が便利です。

また、スパークリングワインには、炭酸を抜けにくい状態にしてくれる「シャンパンストッパー」を活用するといいですよ。

まとめ

ワインはとてもデリケートなお酒ですが、保存に適した基本条件のポイントを守っていれば、家庭でも美味しいワインを長く楽しむことができます。

もし、風味が落ちてしまった時は、お料理やデザート作りに使ったり、サングリアやホットワインにして飲むのもおすすめです。あまり難しく考えすぎず、ワイン生活を楽しんでくださいね。

ワイン探しに通販がオススメな理由はこちらで詳しく解説しています!

ワインの知識カテゴリの最新記事